ホーム>スタッフブログ>レッスンとかワークショップとか
スタッフブログ

レッスンとかワークショップとか

2017 6 Luca 花ざくら

充実した3日間でした~sign03happy02shine

月曜・火曜はルカのレッスンを受け、レッスン後はルカ、パートナーのダリア栢野先生高宮組の5人でミーティング、その後は食事会で語り合い、
そして28日(水)は栢野先生とのコラボ・ワークショップ芦屋スタジオにて開催いたしました~sign01

ワークショップにご参加のみなさま、ありがとうございましたsign03happy01heart04

まずは、なんかルカのレッスンがすごいことになってますshine

元々、「ダンスの良くないところを一つ一つ直す」といった感じのレッスンではなかったのですが、今回は心理学から哲学、宇宙論まで飛び出し、ついにダンス界にもそこから語るコーチが出てきたか~!って感じhappy02shine

ルカ自身 すごく勉強家で、ずっとダンスの探求も続けているので、どんどん進化していっていますshine

2017 6 Lucaと栢野さん

レッスン後のミーティングでは、ルカの主催するバリッキ・インスティチュートの今後について話し合いました。

バリッキ・インスティチュートは、「教師、プロ競技選手、アマ競技選手、一般のダンサー・・・と、どのレベルのダンサーにもクオリティの高いダンスを提供していこう!」という思いで全世界展開していきます。

←こちらはミーティング後のルカ栢野先生

なんか、すがすがしいです、この二人。

栢野先生は別のミーティング出席のため、この後お寿司屋さんへは行かれなかったのですが、いつもルカのレッスンを受けているプロ・カップルが集まり、楽しく語り合いましたheart01

 

ダンス界には、今、団体の分裂など いろいろと問題もあるのですが、本当にダンスのことを考えている人たちって、なんてピースフルなんでしょうconfidentheart04

「宗教観」なんて、ともするとセンシティブな話題も、お互いへの信頼感、理解し合おうとする心、違いに対してそのままを受け入れる心に支えられて、「え?この地球上に宗教で争ってる人達なんていましたっけ?それ、何世紀前の話ですか?」って感じの和やかな雰囲気に。

いいなぁぁぁhappy01heart04

そして本日28日(水)の栢野先生とのコラボ・ワークショップでは、「すべてのダンサーにクオリティーの高いダンスを!shine」の考えの元、バリッキ・インスティチュートのめざす技術の片りんを、参加者のみなさまにお届けできたのではないかと思います。

これまで「コツコツ動巧会」として、あらゆる動作を巧みにするコツを栢野先生から学んでまいりましたが、今回はダンスに特化した動きをコラボで解説いたしました。

参加者様、それぞれのレベルで得るところがあったかと存じます。

 

個人的には、ワークショップ後、栢野先生のパーソナル・コーチングを受けたのですが、これがまたスゴかったsign03

自分の体が自分の意思に反して勝手に動く~~~~sign02coldsweats02sweat01

何かの催眠術ですか?っと思うほどに勝手に動く自分の体に驚愕sign03

きっかけには ちょっとしたシンプルな道具を使うのですが、激しい動きではなく、とても静か~な体の中から湧き出てくるような動きで、なんか気持ちいい~~のですconfidentheart04

栢野先生によると、「それが動きの源なんですsign01ということでした。

みなさんも、「動きの源」、体験してみませんか?

体って、人によって いろいろ。

万人に共通する一般的な知識・情報だけでなく、個人的に足りない部分、得たい情報を教えてもらえる「パーソナル・コーチング」
おすすめですsign03happy01shine

私は「どうやったら もっと大きなトップを作れるのか?」から始まって、「首はどこからどこまで?」「基本の側屈をやるときに足りていないところ」「動きの源」などなど、い~っぱい習っちゃいましたよhappy01heart04

栢野先生に最初に習う「側屈」なんて、すでに習ったことがある人なら「私はできてる」と思ってるでしょ?
まだまだ奥が深いですよsign03

 

たくさんのことを学べた3日間でした。

こんな環境に身を置けることに感謝confidentshineheart04

これらの知識に触れられることのできるみなさん、みなさんは と~っても恵まれていますよsign01shine

ぜひぜひ、この環境を 活用していってくださいねsign03happy01heart04up

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.dance-yume.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/139

page top